• 卒業生

    「実力があればこそ楽しさも生まれる」
    「人にいい影響を与える生き方がしたい」

    ―ココロの商社マン―/41期

    後宮 嗣

    就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

  • 卒業生

    「大事なものを共感できる場所で生きていきたい」
    「北星で成長した自分も、みんなのことも誇らしい」

    はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

    石橋 由季子

    自然の恵み豊かな和歌山県紀の川市。JR粉河駅前にある古民家山崎邸におじゃましました。

  • 卒業生

    「自分が一番やりたいことを目指したい」
    「大人嫌いを癒してくれた北星余市での出会い」

    明日へのメッセンジャー/48期・2015年4月卒

    北川 愛理

    「みんなに届いてほしい思いがある。目に見えない記憶として心に留めてほしい。目に見える形は必要ない。」そう言うと、卒業生代表の北川愛理ちゃんはその両手で持っていた答辞の白い紙を、びりびりと引き裂きました。北星余市高校第48期卒業式で、

  • 卒業生

    「この学校なら、学力だけでなく人間の中身を見てくれる」
    「自分がしてもらったように、生徒たちと向き合いたい」

    帰ってきた飄々ガール/40期・2007年4月卒

    國久 麻美

    かつては生徒として通っていた北星余市高校で、今は事務職員としてせっせと働く國久。ブログ『北星余市はいま!』を更新したり、受験検討の方にお応えしたり、頑張っている國久にPTAOBがインタビューしてくれました。

「教育」「福祉」「子育て」と生活を考えるウェブマガジン。
powered by HOKUSEI YOICHI

MESSAGE POST

メッセージ記事

―ココロの商社マン―/41期

後宮 嗣

就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

石橋 由季子

自然の恵み豊かな和歌山県紀の川市。JR粉河駅前にある古民家山崎邸におじゃましました。

明日へのメッセンジャー/48期・2015年4月卒

北川 愛理

「みんなに届いてほしい思いがある。目に見えない記憶として心に留めてほしい。目に見える形は必要ない。」そう言うと、卒業生代表の北川愛理ちゃんはその両手で持っていた答辞の白い紙を、びりびりと引き裂きました。北星余市高校第48期卒業式で、

すべての記事を見る

NEWS POST

ニュース最新情報

カテゴリ別記事一覧

―ココロの商社マン―/41期

後宮 嗣

就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

写真家

辻田美穂子

余裕があると、悩んでいる人にも、怒っている人にも、同じように混乱している自分にも少し心を配ることができる。

無類のサウナ好き

若林勇太

もしかしたら大人というのは、いつの日かパッと線引きをしてなれるものではなく、絶えず目指し続けるものなのだろうか。

2020年3月発行

星しんぶん 第6号

「大人の本と音楽と映画」星しんぶん 第6号[2020年3月発行]

総合工作芸術家

だるま森+えりこ

僕の上の世代、今は団塊の世代とかっていわれてる人たちだけど、30歳以上の大人は信用するなって言ってたの。

3年A組

牧野愛梨

今大人ってなに? って聞いてもはっきり答えられる人っていない。みんなわからないって言う。聞いてみたもん。

卒業生/39期

松本遼

大人とは「自分は大人だ」と宣言するものではなく、他者がラベリングするものなのかもしれない。

2020年3月発行

星しんぶん

星しんぶん 第6号掲載のおすすめ本のご紹介です。

3KG代表

佐々木信

昔から旅が好きで、働き始めてからもできるだけ本拠地を決めずに、いつでもどこでも仕事ができるように生きてきました。

すべての記事を見る

PAGE TOP