• 卒業生

    「皆んなに応援してもらえて、ありがたかった」
    「これまでの経験は全部活かすつもりです」

    不屈のにぎりコブシ/42期卒

    太田 憲人

    プロボクサー、網膜剥離、そしてトレーナーへの転向。立て続けに吹きつける想定外の逆風との闘い

  • 卒業生

    「実力があればこそ楽しさも生まれる」
    「人にいい影響を与える生き方がしたい」

    ―ココロの商社マン―/41期

    後宮 嗣

    就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

  • 卒業生

    「大事なものを共感できる場所で生きていきたい」
    「北星で成長した自分も、みんなのことも誇らしい」

    はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

    石橋 由季子

    自然の恵み豊かな和歌山県紀の川市。JR粉河駅前にある古民家山崎邸におじゃましました。

  • 卒業生

    「自分が一番やりたいことを目指したい」
    「大人嫌いを癒してくれた北星余市での出会い」

    明日へのメッセンジャー/48期・2015年4月卒

    北川 愛理

    「みんなに届いてほしい思いがある。目に見えない記憶として心に留めてほしい。目に見える形は必要ない。」そう言うと、卒業生代表の北川愛理ちゃんはその両手で持っていた答辞の白い紙を、びりびりと引き裂きました。北星余市高校第48期卒業式で、

「教育」「福祉」「子育て」と生活を考えるウェブマガジン。
powered by HOKUSEI YOICHI

MESSAGE POST

メッセージ記事

不屈のにぎりコブシ/42期卒

太田 憲人

プロボクサー、網膜剥離、そしてトレーナーへの転向。立て続けに吹きつける想定外の逆風との闘い

―ココロの商社マン―/41期

後宮 嗣

就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

石橋 由季子

自然の恵み豊かな和歌山県紀の川市。JR粉河駅前にある古民家山崎邸におじゃましました。

すべての記事を見る

NEWS POST

ニュース最新情報

カテゴリ別記事一覧

不屈のにぎりコブシ/42期卒

太田 憲人

プロボクサー、網膜剥離、そしてトレーナーへの転向。立て続けに吹きつける想定外の逆風との闘い

北星学園余市高等学校校長

平野 純生

「純生が行く!」第2回目の今回は「札幌市若者支援施設 Youth+」へお邪魔しました。

写真家

辻田 美穂子

記憶にある限り私が初めてついた嘘は、保育園の年長の時だと思う。「セーラームーンごっこ」で他の子となりたいキャラがかぶって…

北海道教育大学 教授、臨床心理士

平野 直己

ウソは、悲惨な現実から本当の自分を守ってくれるシェルターになることもあるのです。

2020年12月発行

星しんぶん 第8号

「うその本と音楽と映画」星しんぶん 第8号[2020年12月発行]

ネイル練習中の高校3年生

朝倉 侑輝

嘘は、自分自身に向けてつくものです。人間らしさの一部であり、成長し生きていくうえで絶対に欠かせないもの。

日本キリスト教団北海教区幹事

小西 陽祐

「エデンの園」を追放されたアダムとエバ、呪われる者となったカイン、だが人生をやり直す道が与えられた。

オンライン家庭教師・カウンセラー&カメラマン

山口真央

自分自身の不登校をきっかけに不登校や人の心のことを考える。

2020年12月発行発行

星しんぶん

星しんぶん 第8号掲載のおすすめ本のご紹介です。

すべての記事を見る

PAGE TOP