• 卒業生

    「大事なものを共感できる場所で生きていきたい」
    「北星で成長した自分も、みんなのことも誇らしい」

    はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

    石橋 由季子

    トップや一覧で表示する、記事内容を要約した概要文。トップメインビジュアルでは「85〜90文字」程度まで掲載されます。それ以上の文字は「...」となります。

  • 卒業生

    「自分が一番やりたいことを目指したい」
    「大人嫌いを癒してくれた北星余市での出会い」

    明日へのメッセンジャー/48期・2015年4月卒

    北川 愛理

    「みんなに届いてほしい思いがある。目に見えない記憶として心に留めてほしい。目に見える形は必要ない。」そう言うと、卒業生代表の北川愛理ちゃんはその両手で持っていた答辞の白い紙を、びりびりと引き裂きました。北星余市高校第48期卒業式で、

  • 卒業生

    「この学校なら、学力だけでなく人間の中身を見てくれる」
    「自分がしてもらったように、生徒たちと向き合いたい」

    帰ってきた飄々ガール/40期・2007年4月卒

    國久 麻美

    かつては生徒として通っていた北星余市高校で、今は事務職員としてせっせと働く國久。ブログ『北星余市はいま!』を更新したり、受験検討の方にお応えしたり、頑張っている國久にPTAOBがインタビューしてくれました。

  • 卒業生

    「生徒を信じられる教師でありたい」
    「北星余市は、自分を変えて方向転換させてくれた」

    ナニワの兄ちゃん教師/42 期・2009年4月卒

    杉村 廉

    数年前まで関東の大学に通い、東京の教育相談会にも駆けつけて印象に残るスピーチをしてくれた杉村廉くん。彼が今、大阪で教員をしていると知り、是非話を聞きたくなって申し込んだインタビュー。それが実現したのは 2017 年5月 13 日、彼が住む大阪府長居町のファミリーレストランでした。

 

「教育」「福祉」「子育て」と生活を考えるウェブマガジン。
powered by HOKUSEI YOICHI

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWS POST

ニュース最新情報

※「卒業生」メッセージ以外の新着情報です。

北星学園余市高等学校

田中

2018.4.28(土)トークイベントのお知らせ。札幌「非行」と向き合う親の会・雪どけの会主催。場所は札幌市教育文化会館。

広報部

田中

生徒たちに「職員室ってどんなところ?」と聞いて見た結果、、、

卒業生保護者(2017年3月卒業)

梁井 利恵子

2016年度から北星余市の保護者、卒業生の保護者の方達が自主的に開催している『思春期の子を持つ親のお喋り会』、通称『お喋り会』。大阪から始まり、東京、群馬、愛知、香川、北海道と徐々に広がり全国的な活動となって来ています。どんな思いでそんな会を催しているのか、大阪で活動を始めた梁井さんにお聞きしました。

カテゴリ別記事一覧

すべての記事を見る

MESSAGE POST

メッセージ記事

はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

石橋 由季子

トップや一覧で表示する、記事内容を要約した概要文。トップメインビジュアルでは「85〜90文字」程度まで掲載されます。それ以上の文字は「...」となります。

明日へのメッセンジャー/48期・2015年4月卒

北川 愛理

「みんなに届いてほしい思いがある。目に見えない記憶として心に留めてほしい。目に見える形は必要ない。」そう言うと、卒業生代表の北川愛理ちゃんはその両手で持っていた答辞の白い紙を、びりびりと引き裂きました。北星余市高校第48期卒業式で、

帰ってきた飄々ガール/40期・2007年4月卒

國久 麻美

かつては生徒として通っていた北星余市高校で、今は事務職員としてせっせと働く國久。ブログ『北星余市はいま!』を更新したり、受験検討の方にお応えしたり、頑張っている國久にPTAOBがインタビューしてくれました。

ナニワの兄ちゃん教師/42 期・2009年4月卒

杉村 廉

数年前まで関東の大学に通い、東京の教育相談会にも駆けつけて印象に残るスピーチをしてくれた杉村廉くん。彼が今、大阪で教員をしていると知り、是非話を聞きたくなって申し込んだインタビュー。それが実現したのは 2017 年5月 13 日、彼が住む大阪府長居町のファミリーレストランでした。

羽を広げたカナリア/40 期・2007年4月卒

山口 真依

「沢山の手拍子ありがとうございます!もっとくださーい!」
ゴム毬のように身体を弾ませながら、オリジナル曲『オレンジ』をノリノリで歌う山口真依ちゃ
ん。その叫びに呼応して、満員の体育館の熱気がさらに高まり、盛り上がりはピークに達しまし
た。2014 年 11 月の北星余市高校開校 50 周年式典で、在学中に結成したバンド“チェルシ
ー”が復活。記念の日を飾るステージ上で躍動する彼女は、4 人の仲間たちとともにまばゆい輝
きを放っていたのです。あれから2年半が経過した 2017 年 5 月 13 日。起業して、音楽とは
まったく違う道で頑張っているという真依ちゃんを、地元岐阜市に訪ねました。

レぺゼン北陸IT戦士/40 期・2007年4月卒

MCヤマザキ

MCヤマザキに会うために、東急線の祐天寺駅に初めて降りたのは10月9日、日曜日の午後の こと。そこで偶然見つけたお洒落なお店『ギリギリカフェ』でインタビューに応じてくれた彼は、まさにギリギリ綱渡りのような自身の人生を振り返ってくれました。

49期・2016年4月卒業生

太田 有香

本校生徒は、毎年、公益財団法人修養団が用意するプログラム「青年ボランティア・アクションinフィリピン」に参加させていただいております。今日は2015年度に参加し、同年本校を卒業し、現在大学生として頑張っている49期太田有香さんに、フィリピンの経験を語ってもらいます。

あったかハートのクールガイ/41 期・2008年4月卒

亀橋 陽平

地元八戸で小学5年から不登校を経験 2005 年北星学園余市高校に入学2008 年北星大学社会福祉学部へ進学 在学中に介護の道に進む事を決意。 現在、札幌で介護士として働いている。 その心のこもったケアーに定評がある。

覚悟を決めて突き進む/45期・2012年4月卒

渡辺 謙典

1992年10月生まれ 
千葉県出身
地元の高校を1年で中退後、北星余市に1学年から編入。卒業後、札幌市内の大学在学中にヨサコイと出会う。
大学中退後は地元に戻り、大手テーマパークのダンサーを目指して練習を続け、厳しいオ―ディションを見事に勝ち抜き、2015年4月にデビュー。さらなる夢に向かってダンス漬けの日々を送っている。

食を見つめる癒しの瞳/41期・2008年4月卒

渡部 麻実

中学生の時から摂食障害に苦しむ中で、地元茨城の高校で不登校を経験し中退。独学で食と向き合い学ぶことで症状を克服。現在は“たべものセラピスト”を目指し、働きながら料理のスクールに通い勉強を続けている。

すべての記事を見る
PAGE TOP