ALL POST

すべての記事

太田 憲人

不屈のにぎりコブシ/42期卒

プロボクサー、網膜剥離、そしてトレーナーへの転向。立て続けに吹きつける想定外の逆風との闘い

平野 純生

北星学園余市高等学校校長

「純生が行く!」第2回目の今回は「札幌市若者支援施設 Youth+」へお邪魔しました。

辻田 美穂子

写真家

記憶にある限り私が初めてついた嘘は、保育園の年長の時だと思う。「セーラームーンごっこ」で他の子となりたいキャラがかぶって…

平野 直己

北海道教育大学 教授、臨床心理士

ウソは、悲惨な現実から本当の自分を守ってくれるシェルターになることもあるのです。

星しんぶん 第8号

2020年12月発行

「うその本と音楽と映画」星しんぶん 第8号[2020年12月発行]

朝倉 侑輝

ネイル練習中の高校3年生

嘘は、自分自身に向けてつくものです。人間らしさの一部であり、成長し生きていくうえで絶対に欠かせないもの。

小西 陽祐

日本キリスト教団北海教区幹事

「エデンの園」を追放されたアダムとエバ、呪われる者となったカイン、だが人生をやり直す道が与えられた。

山口真央

オンライン家庭教師・カウンセラー&カメラマン

自分自身の不登校をきっかけに不登校や人の心のことを考える。

星しんぶん

2020年12月発行発行

星しんぶん 第8号掲載のおすすめ本のご紹介です。

平野純生

北星学園余市高等学校校長

余市高校の校長、平野純生が道内の様々なフリースクールへ出向き、お話を伺います。今回は「函館圏フリースクールすまいる」

辻田美穂子

写真家

「今」からふわっと幽体離脱するように、息を深く吸って吐いて、自分をボールにしてできるだけ遠くに投げる。

中山駿

バスケ、筋トレ大好きな高校生

大人になっても遊んでいたい。僕はそう思う。自分のやりたいことを全力で楽しむことが僕のしあわせ。

星しんぶん 第7号

2020年7月発行

「遊びの本と音楽と映画」星しんぶん 第7号[2020年7月発行]

伊藤葉子

放課後英語教室「ひね塾」主催者

遊びってすごいのは、いくらお金を積まれてもやりたくないような事を無償でやってしまうところ。

三科元明

特定非営利活動法人ここ理事長

初めて逢った時は睨みつけて口も利かなかった子が笑顔になる。それを見てこちらも笑顔になる。遊びは幸せを伝播する。

1 / 612345...最後 »
PAGE TOP