ALL POST

すべての記事

鈴木恭子

北星余市高校英語科教員

日本語はムズカシイ。日本語はオモシロイ。今もコトバの楽しさにワクワクする日々。

横山志津

パン屋「シーヅブラン」店主

お近くにお越しの際は、のどかな風景を楽しみながら仁木町を堪能してほしいです。

鈴木月斗

株式会社鈴木商会 情報システム部

私も思い返してみるとたくさんの分岐点があり、そこには必ず涙がありました。

石山敬悟

株式会社21札幌代表

私を大切に想ってくれる家族がいることに気付き、家族が誇れる人になろうと社会復帰を目指しました。

藤田美保

「学ぶと生きるをデザインする」学校づくりを目指す

「涙が出るって、泣ける余裕があるときなんだ」と初めてわかった。

平野純生

北星学園余市高等学校校長

大阪府高槻市「フリースクールはらいふ」と東京都品川区「子ども若者応援フリースペース」に行ってきた!

辻田美穂子

写真家

表紙の写真ができあがるまでの裏話を書いていこうと思います。

伊藤二朗

余市観光協会事務局長

「エルラ」には「人々が出会いそして旅立っていく……そして、時が流れ、故郷余市を懐かしみ、再びこの余市に戻ってくる。そんな町の中心である」という意味が込められています。

中谷桜都

ONE OK ROCK 大好き!

放課後の過ごし方は人それぞれ違うだろう。楽しくて充実した放課後を過ごすか、つまらない時間を過ごすかも全部自分次第だと思う。

PAGE TOP