ALL POST

すべての記事

店舗を持たないフリーランス理容師

大沢一樹

私にとっての初めての大きな挑戦は、自分1人で岩手の地元を離れた、北星余市への進学だと思います。

NPO法人さいたまユースサポートネット代表

青砥恭

貧困などの家庭の事情や不登校、高校中退、ひきこもり、障がいなどを背景に、孤立して生きる子どもや若者を支えることをミッションに、NPOさいたまユースを設立しました。

猫がいる下宿

福士栄子

30年前、兄が事故を起こして半身不随になり入院。1人暮らしの母を引き取り、ここから本当の介護に挑戦です。

写真家

辻田美穂子

写真を撮られる時って、こうしたいと思っても実際はなかなか思ったとおりに写りませんよね。今回はそんなギャップを埋めるのに苦労した話。

天ぷらそばが大好き

宮本元仁

20代初めくらいに、レストランか喫茶店で数万円入った財布を置いてきてしまったことがある。

北星余市高校教員

菊地淳

初めての担任は就任2年目の26期でした。その時に付けられたあだ名が「ゴリポン」でした。

日本キリスト教団余市教会牧師・リタ幼稚園園長

西岡知洋

北星余市で最後の期末テストを控えたある日の夕方、私は忘れ物に気が付いて引き返すこととなった。

人間環境大学 入試・広報部

遠藤弘子

私は最近つくづく思うのです。ようやく時代が私に追いついてきた!と。

北星余市高校教員

谷口学

自分が高校生の頃、テレビで高校中退者を受け入れている学校が紹介されていました。

PAGE TOP