実生活について

生徒の声

2021.2.9

卒業を控えて 

放送礼拝(2021/02/09)  永井ひより54期 3年B組

放送礼拝 卒業を控えて

皆さん、おはようございます。
3年B組永井ひよりです。

突然ですが、今日は私が約2年半で学んだ「北星余市で生きるコツ」を2つ皆さんに教えたいと思います。

1つ目は「他人と自分を比べないこと」です。
個人的な考えですが、この学校は普通の学校よりも才能を持った人や幼い頃からの努力で「何かができる」という人が多いと思います。
例えば、弁論大会に出場していた絵がとても上手い佐々木菜月ちゃんや、学祭で素晴らしい落語を発表していた薮下そうた君。
しかし、人の才能や努力を認めるのはいい事だと思いますが、自分と比べてはいけません。
実際、私は周りと自分を比べて自己嫌悪になり、周りに嫉妬する自分も嫌だ!と負のループに入ることがよくあります。
なのでこれを話している私が悲観的にならないようにできているのかというと嘘になりますが、できないからこそ大切だと思います。

2つ目は「学校行事を全力で楽しむこと」です。修学旅行と学祭は特に楽しんで欲しいです。私が北星に来る前の自分と変われたのは学祭がきっかけでした。
ものづくりなどを通して誰かと話したり、何かに取り組むことの楽しさを2年生の時の学祭で学び、クラスメイトが皆あたたかい人たちであること、自意識過剰かもしれませんが自分が思ってるよりも皆に愛されていることを3年生の学祭で学べました。
おかげで行事の準備期間の度に「またあの時と同じ楽しみがあるかも!」とワクワクするようになりました!今学校が楽しくないという人は是非勇気をだして何かに積極的に取り組んでみてください。
後悔はしないと思います!

以上が私が思う「北星余市で生きるコツ」2選でした。

本当は最近学んだ「何らかの理由で余ったお菓子などは本間涼子に盗られるので要注意」という話を3つ目に挙げたかったのですが、時間が無いのでやめておきます。

 

旧約聖書 歴代誌上 16章35節

「祈って言え。わたしたちの救いの神よ、私たちを救い 諸国の中からわたしたちを集め 救い出してください。 聖なる御名に感謝をささげ あなたを賛美し、ほめたたえさせてください。」

 

PAGE TOP