• 卒業生

    「皆んなに応援してもらえて、ありがたかった」
    「これまでの経験は全部活かすつもりです」

    不屈のにぎりコブシ/42期卒

    太田 憲人

    プロボクサー、網膜剥離、そしてトレーナーへの転向。立て続けに吹きつける想定外の逆風との闘い

  • 卒業生

    「実力があればこそ楽しさも生まれる」
    「人にいい影響を与える生き方がしたい」

    ―ココロの商社マン―/41期

    後宮 嗣

    就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

  • 卒業生

    「大事なものを共感できる場所で生きていきたい」
    「北星で成長した自分も、みんなのことも誇らしい」

    はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

    石橋 由季子

    自然の恵み豊かな和歌山県紀の川市。JR粉河駅前にある古民家山崎邸におじゃましました。

  • 卒業生

    「自分が一番やりたいことを目指したい」
    「大人嫌いを癒してくれた北星余市での出会い」

    明日へのメッセンジャー/48期・2015年4月卒

    北川 愛理

    「みんなに届いてほしい思いがある。目に見えない記憶として心に留めてほしい。目に見える形は必要ない。」そう言うと、卒業生代表の北川愛理ちゃんはその両手で持っていた答辞の白い紙を、びりびりと引き裂きました。北星余市高校第48期卒業式で、

「教育」「福祉」「子育て」と生活を考えるウェブマガジン。
powered by HOKUSEI YOICHI

MESSAGE POST

メッセージ記事

不屈のにぎりコブシ/42期卒

太田 憲人

プロボクサー、網膜剥離、そしてトレーナーへの転向。立て続けに吹きつける想定外の逆風との闘い

―ココロの商社マン―/41期

後宮 嗣

就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

石橋 由季子

自然の恵み豊かな和歌山県紀の川市。JR粉河駅前にある古民家山崎邸におじゃましました。

すべての記事を見る

NEWS POST

ニュース最新情報

カテゴリ別記事一覧

写真家

辻田美穂子

星しんぶん表紙の写真には、1号からずっと一貫したテーマがあります。それは「多様性」と「関係性」。

日本キリスト教団余市教会牧師

西岡知洋

「今日の弁当、何?」友人から声をかけられたのは、昼休みにはまだ早い授業の合間のことだった。

3Bird coffee / design代表

藤井一歩

「料理」と「デザイン」という、好きなことを仕事としていられることに幸せを感じている。

49期卒業生

今堀桃花

お弁当を通して、憧れのような、畏敬のような。そんなことを想いました。

NPO法人関西こども文化協会所属

荒瀬祥文

甘く、苦く、時にはしょっぱい味のする具だくさんのお弁当のような人生を歩んでいけたらなと思う。

北星学園余市高等学校校長

今堀浩

星しんぶんをご覧の皆様、こんにちは。2022年4月より、北星学園余市高等学校の校長に就任した今堀です。

北星学園余市高等学校校長

平野純生

東京都町田市「NPO法人 ゆどうふ」、兵庫県神戸市「NPO法人 ふぉーらいふ」に行ってきた!

写真家

辻田美穂子

今回の表紙は落語研究会、通称「落研」のメンバーと顧問の平野校長先生です。今回は撮影中の雰囲気づくりについて書いてみたいと思います。

北星学園余市高校宗教主任

塩見耕一

多くの高齢者の前で礼拝を行っていた私が、高校で宗教主任として若者たちの前に立つこととなったのは今から25年前のことでした。

すべての記事を見る

PAGE TOP