実生活について

生徒の声

2019.2.8

みんなで作り上げたクラス

【放送礼拝】学校生活を振り返って 幣 涼平2018年度入学生

私たちはこの3年間、52期のクラスとして、ここまでたくさん支えられてきて充実していたクラスでした。

入学当初は緊張感が高まることがあり、最初は学校生活に慣れるまで時間がかかることもありました。でも、この学校生活がどんどん慣れてくると、クラスの雰囲気は大幅に変わってくることがあります。
しんどいことがあったり、苦しいことや失敗すること、物事で上手くいかない、人との関わり方の難しさなど、クラスというのはすぐにできるわけではありません。

学校生活を楽しく過ごすには、11人が諦めないことでいろんな経験を作り、授業を協力していくこと、授業だけではなく、もちろん学校行事も積極的に成功させていくことが大切です。こうやって学校行事を成功させていくことでクラスの宝物が増え、更に経験を積み重ねていくことになります。
特に北星祭は学校の中の1番大きな行事です。みんなでクラスを盛り上げていくと、学校生活は充実しやすいです。

最後まで学校生活の経験を生かして、諦めない気持ちと感謝の気持ちを忘れずに、これからも新しい人生を切り開いていこうと思っています。
これまでの3年間を振り返って、様々な関わりがいろいろありました。今までありがとうございました。
写真 2018-09-15 13 14 26

PAGE TOP