Information

    HOME > > 保護者の皆様へ|COVID-19 感染者拡大による臨時休校について

Information

北星学園余市高等学校 校長 平野 純生

 この間の全国的な新型コロナウイルス(以下、COVID-19)感染拡大の中で、この1~2週間の対応によって感染拡大を抑えることができるかどうかが決まるといわれております。本校でも3月の12年生の学年末テストやその後の追試・補習の期間での生徒への感染拡大が懸念されております。そうした懸念に学校として対応することが求められていることから、3月から4月初めまで学校を臨時休校とすることにいたしました。

 

以下が具体的な対応となります。

◯228日の卒業式リハーサル、29日の卒業式は通常通り行う。
・卒業式はいつもより時間を短縮して行う。

◯3月から臨時休校とし、下宿している生徒は32日(月)までに地元へ帰省することにする。
・3月に予定されていた登校日がなくなったことによって進級できない事態にならないように配慮する。
・学年末テストは、48日(水)、9日(木)、10日(金)の3日間で行う。47日(火)までに下宿に戻るようにしてもらう。
4月になっても感染拡大が収束していないと判断した場合は、学年末テストを延期または中止する場合もある。
・追試は、4月から放課後に行う。
・補習が必要な生徒や提出物を出していない生徒は、326日(木)までに課題を提出すること。

 

以上が、本校の COVID-19 感染拡大防止のための現段階での対応となります。

今後も保護者の皆様のご協力をいただきたいと存じます。学校としては生徒への感染を防ぐために、できうる限りの対応をしようということで上記のことを決定いたしました。

COVID-19対応についてのご不明な点等につきましては、

0135-23-2165 校長 平野

までご連絡くださいますようよろしくお願いいたします。

また、各生徒の個別の事情等につきましては各クラス担任へお問い合わせください。

何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP