よくあるご質問

0135-23-2165

理念や指導方針

教員はいま

新しく宗教主任になりました、「たかはま」です。きっと、ん?宗教主任って何??と 思われた方が多いと思います。北星余市はキリスト教主義学校なので、学校に牧師を置く ことになっているのです。実は本校の教育にはキリスト教の教えが深い土台となっていま す。

わたしが着任して、なるほど北星余市の教育力はこういうことか…。と思ったのが、す べての生徒に当たり前に授業を受けさせること。当たり前に、行事に巻き込んでいくこと にあると感じています。生徒たちのなかにはこれまでに学校で空気のように扱われ、さみ しい思いをした人や嫌悪な目で見られてきた人がいるかもしれません。北星余市の先生方 は、生徒の特性やキャラクターに関わらず声をかけ続けていきます。もしかすると、口う るさいほどに 声掛けは続けられていくのです。自分の高校生活を振り返ってみると 、「わたしはクラスで目立つタイプではないし、先生も自分のことを覚えていないだろう …。」と一歩引いてしまうことがありましたが 北星余市では、学校のどこかに居場所が 作られていきます。 私たちは居場所ができると、本来持っている個性や力が発揮されていきます。実は、誰一 人として取りこぼさない姿勢は、キリスト教の聖書の教えそのものなのです。

イエス・キリストは当時の社会で小さくされていた人、居場所を見いだせずに悲しい思 いをしていた人たちの元に行って、「あなたは一人ではないこと」「あなたはかけがえの ない存在であること」を教えられました。イエスは一方的に、人々に慰めの言葉を語り、 寄り添われたのです。北星余市の教育を通して、生徒たちが自分を受け入れ、人と歩める ような人となれるようにと願っています。「暗い世にあって、星のように輝きなさい」と いう教育目標のもと、星のように素敵な光を放つ生徒たちとの毎日を楽しみたいです。

PAGE TOP