理念や指導方針

教員はいま

今日は札幌市内の私立高校さんにお邪魔してお時間をいただきました。去年の暮れ、その高校から転校して来た生徒がいたので「がんばってますよー!」という近況報告に。

高校が高校に訪問するなんて、ね。いわゆるプライドみたいなのってあるじゃないですか。失礼になるというか。自分たちが持っていけなかった子の近況報告を聞くとかあまりいい気分しないものかな、、、とか「うまくいかない子がいる前提で生徒募集に来てる?」とか不愉快な思いをさせたら申し訳ないなぁ、、と思いながら今までしていなかったのですが。

けど、今日お邪魔した高校の教頭先生、すごく素敵でした。「私たちももっていってあげたかったけれど、うまくいかなくって。でも、そっちでそうやって頑張ってくれているならよかった」って本当に嬉しそうにお話をしてくれました。

「なんか、中学校の頃から重たいものを引きずっていて、その状態で高校に入学して。高校からは心機一転頑張ろうと思ったみたいですけれど、同じやり方だったからうまくいかなかったんでしょうね。こちらの高校では、あの子にとってはそういうことを学ばせてもらったんでしょう。だから、うちでは違うやり方を今試していて、それがうまくいってる」

「そうですね、育ちとか学びってそういうもんですよね。時間をかけて経験して成長していく」

「ですね、そうやって過去の経験をどう活かしていくか、人生ってそういうもんだっていう経験が若いうちにできたら強いですよね。だから、先生たちがやってくださったことを引き継いでやらせてもらっている感覚です」

「残念ながらうまくいかない子もいる。けれど、それで終わり、っていうんじゃなくって、そこから次に繋げてあげて、そこで過去を生かして次に向かって進んでくれることが大事ですよね」

なんてやりとり。

送ってあげているとか預かってやったとか、そういうんじゃなくって、その子その子の育ちに必要なものがお互いにあって、それが繋がって、今があるみたいな、そんな感覚をその先生と共有させてもらえてハッピーな気持ちになりました。

それとは別に。

現在中学校3年生で来年受験したいかも、、、って思っている親御さんから

「こどもが、余市高校に行ったら今の自分(不登校で引きこもりでコミュ障?)を変えることができるかもしれないし、、、だから、無くなってしまったら行く場所がなくなるから困る、と言っていた。」

という内容のメールもいただいて。

ああ、そういう人たちのためにも頑張ってこの学校を存続に導かないと・・・その子にとっては、ここは希望の場所なんだろうな、、、と改めて。

なんか、ハッピーな気持ちと同時にがんばろーという気持ちになった1日でした。

(田中)

西新宿(東京都新宿区西新宿8-13-10 日東ハイツ101)で開催されている北星余市存続応援写真展「いまを、生きる〜子供達の再生と希望のひかり」展のレセプションパーティーに参加して来ました。

IMG_9567

西新宿にて本校の写真展が開催されます。4/5(木)〜16(月)まで。

この写真展は元在校生である山田恵理子さんが無償で本校のために制作してくれた写真冊子「いまを、生きる」の写真を展示した写真展です。

レセプションパーティーの会場には40名近くの方が来てくださり、楽しい時間と北星余市の存続を願ってくれる思いのこもった時間となりました。

レセプションパーティーの前にアトリエのオーナーさんが会場を提供してくれてミニ相談会も。

IMG_9563

写真展にあまり馴染みないのですが「プロの写真家さんってこんななの!!?」って驚き。写真から伝わる肉々しさとか、空気感とかが、冊子などの印刷物とは全く違う。線の一本一本、陰影の濃淡、光の加減がすごい。

近くにいた写真家さんにお話を聞かせてもらったのですが、紙にこだわり、ライティングにこだわり、何を表現したいかによって画像を調整する、その全てが合わさっての写真表現なのだということを知り、いやぁ、、、写真って豊かだ、、、って。

「戸澤さん、普段、こんな色使いとかしないんだよね」って聞いてびっくり。「でもね、今回はこうこうこういう意図があって、こうしたって言ってたよ」なんて話も聞けて、奥が深いーー。

あのね、プロの方からしたら「あったりめーだ!」って怒られそうですけど、デジカメが普及して、一般の人でも一眼を手にするようになって「写真なんて誰でも撮れるでしょ」なんて思ってたら大間違いですね。

お近くの方、お時間の取れる方「写真」を感じてみる機会としても、ぜひ行ってみてください。

IMG_9586

レセプションパーティーの後半は、しっとりとした時間の中「北星余市を無くさないためには何をしたら良いか」と熱い意見交換があって。改めて力をいただいた時間でした。

して、僕は、さっさとホテルに帰って「さ!やろ!」と思ったのだけれど、誘惑に負けて朝の4時まで卒業生と時間を過ごしてしまいました。意志の弱い男です。とほほ、、、明日からまた頑張ります。

(田中)

 

PAGE TOP