ALL POST

すべての記事

星しんぶん

2020年7月発行

星しんぶん 第7号掲載のおすすめ本のご紹介です。

後宮 嗣

―ココロの商社マン―/41期

就職して8年。大手から中堅、中小企業まで、医薬品の研究開発をビジネスにつなげる一流商社マン

辻田美穂子

写真家

余裕があると、悩んでいる人にも、怒っている人にも、同じように混乱している自分にも少し心を配ることができる。

若林勇太

無類のサウナ好き

もしかしたら大人というのは、いつの日かパッと線引きをしてなれるものではなく、絶えず目指し続けるものなのだろうか。

星しんぶん 第6号

2020年3月発行

「大人の本と音楽と映画」星しんぶん 第6号[2020年3月発行]

だるま森+えりこ

総合工作芸術家

僕の上の世代、今は団塊の世代とかっていわれてる人たちだけど、30歳以上の大人は信用するなって言ってたの。

牧野愛梨

3年A組

今大人ってなに? って聞いてもはっきり答えられる人っていない。みんなわからないって言う。聞いてみたもん。

松本遼

卒業生/39期

大人とは「自分は大人だ」と宣言するものではなく、他者がラベリングするものなのかもしれない。

星しんぶん

2020年3月発行

星しんぶん 第6号掲載のおすすめ本のご紹介です。

佐々木信

3KG代表

昔から旅が好きで、働き始めてからもできるだけ本拠地を決めずに、いつでもどこでも仕事ができるように生きてきました。

藤田進

(有)札幌第一こどものとも社/取締役

旅は身軽が一番。いつも身軽であること。これ僕の憧れです。

星しんぶん 第5号

2019年11月発行

「旅の本と音楽と映画」星しんぶん 第5号[2019年11月発行]

辻田美穂子

写真家

カーチャの暮らしていた土地へ旅をしている。祖母の話はおとぎ話なんかではなく、確かに、そこにあった。

常井玄

旅行会社勤務

自分自身の価値観や物差しで、自分の生きる道を選ぶことこそが、豊かな人生を送る上での正解なのではないか。

諏訪かおり

児童指導員(元風俗誌編集者)

26歳で仕事を辞めた。その年、南米一周の旅に出たのである。図らずも父と同じ年齢だった。

PAGE TOP