費用について

就学支援金

このエントリーをはてなブックマークに追加

高等学校等就学支援金の趣旨

本制度は、授業料に充てるための就学支援金を支給することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の実質的な機会均等に寄与することを目的としています。

なお、2014年度より高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を適正に行うため、授業料に充てるための高等学校等就学支援金(以下「就学支援金」)の支給について、高所得世帯の生徒等に対して所得制限を設けています。

※所得制限により捻出した財源は、低所得世帯の生徒等に対する支援の拡充に充てられます(政令等で措置)。

就学支援金は国の制度です。正確な情報は下記でご確認ください。

文部科学省:高校生等への修学支援のページ
文部科学省:高等学校等就学支援金(新制度)Q&Aのページ

 

“このことにより、私立高校の生徒の授業料に”
国から支給される就学支援金が充てられることになりました。

 

高等学校等就学支援金の制度概要

1.制度のポイント

<支給対象者及び支給金額一覧>
世 帯 対象者 就学支援金額
A 両親の市町村民税の所得割額が非課税の場合
(年収250万円未満程度:4人家族のモデルケース)
月額:24,750 円
年額:297,000 円
B 両親の市町村民税の所得割額が1円~51,300円未満の世帯の場合
(年収250万円~350万円未満程度:4人家族のモデルケース)
月額:19,800 円
年額:237,600 円
C 両親の市町村民税の所得割額が51,300円~154,500円未満の世帯の場合
(年収350万円~590万円未満程度:4人家族のモデルケース)
月額:14,850 円
年額:178,200 円
D 両親の市町村民税の所得割額が154,500円~304,200円未満の世帯の場合
(年収590~910万円未満程度:4人家族のモデルケース)
月額:9,900 円
年額:118,800 円
E 両親の市町村民税の所得割額が304,200円以上の世帯の場合
(年収910万円以上程度:4人家族のモデルケース)
なし

 

(1)就学支援金

○就学支援金制度は、国による授業料補助の制度です。
※正しくは、PDFをご覧ください。

 高等学校等就学支援金について (PDFファイル)

○両親の市町村民税の所得割額が304,200円以上の世帯の場合(年収910万円以上程度:4人家族のモデルケース)は、就学支援金は支給されません。

○両親の市町村民税の所得割額が304,200円未満の世帯(年収910万円未満程度:4人家族のモデルケース)は、月額9,900円を基本とする就学支援金が支給されます。

※両親の所得割額の合計に応じて、低所得加算があります。


(2)支給期間は、最大36か月。

高等学校等を既に卒業したことがある生徒や、修業年限(全日制3年)を超えて在学している生徒は支給対象となりません。


(3)返済義務はありません。

 


(4)就学支援金は、学校設置者が生徒本人に代わって受取り、授業料に充てることになります。

生徒本人及び保護者が直接受け取るものではありません。


(5)本ページに掲載されている制度は2014年4月以降に新入学する方が対象となっています。

2013年度までに高校等に在学されている方は、旧制度(詳細はこちら)が適用されます。
なお、2013年度までに高校等に入学し、本校への転入を考えている方や一旦退学し編入を考えている方が、どのような適用となるかについては、本校事務室までお問合せください。


2.高等学校等就学支援金と北星学園授業料軽減制度を併給したときのイメージ

国が用意している就学支援金制度とは別に<北星学園授業料免除制度>があり、それも併せて受けることができます。<北星学園授業料免除制度>の詳細については、こちらをご覧下さい。

北星学園授業料免除制度
奨学金

 

月額 授業料29,400円 + 施設設備費 3,000円


3.制度の仕組み

(1)申請方法

本校が指定した期日までに「高等学校等就学支援金受給資格認定申請書」と市町村民税が確認できる者を学校に提出します。


(2)支給方法

学校が授業料(就学支援金相当分)を免除し、申請者(生徒)の代理として北海道から支援金を受取り、免除分を相殺します。

PAGE TOP