ALL POST

すべての記事

三浦宗一郎

人の人生に熱狂する22歳

「働く」という言葉に、多くの人が嫌な気持ちになるのではないだろうか。間違いなく18歳の時の私は、そうだった。

柴田英梨

ギター持って各地を点々

今の私にとって働くことは、旅するための費用を稼ぐこと。何者でもなくても、自分が納得できればそれでいい。

星しんぶん

2018年12月発行

星しんぶん 第2号掲載のおすすめ本のご紹介です。

辻田美穂子

写真家

見た目は黄色人種なのに、中身は白人のように振る舞うアジア人たちは「バナナ」と呼ばれていました。

佐々木信

3KG代表

当時席数がたった29席しかなくて「日本一小さな映画館」と呼ばれていたシアターキノがお気に入り。

石田愛実

3KGのデザイナー

中学時代、映画も漫画も本も音楽も、とにかく破壊的なものが好きだった。愛おしい、魔法の時間

星しんぶん

2018年10月発行

星しんぶん 第1号掲載のおすすめ本のご紹介です。

石橋 由季子

はじめのユッコ/43期・2011年4月卒

自然の恵み豊かな和歌山県紀の川市。JR粉河駅前にある古民家山崎邸におじゃましました。

北川 愛理

明日へのメッセンジャー/48期・2015年4月卒

「みんなに届いてほしい思いがある。目に見えない記憶として心に留めてほしい。目に見える形は必要ない。」そう言うと、卒業生代表の北川愛理ちゃんはその両手で持っていた答辞の白い紙を、びりびりと引き裂きました。北星余市高校第48期卒業式で、

田中

北星学園余市高等学校

2018.4.28(土)トークイベントのお知らせ。札幌「非行」と向き合う親の会・雪どけの会主催。場所は札幌市教育文化会館。

田中

広報部

生徒たちに「職員室ってどんなところ?」と聞いて見た結果、、、

梁井 利恵子

卒業生保護者(2017年3月卒業)

2016年度から北星余市の保護者、卒業生の保護者の方達が自主的に開催している『思春期の子を持つ親のお喋り会』、通称『お喋り会』。大阪から始まり、東京、群馬、愛知、香川、北海道と徐々に広がり全国的な活動となって来ています。どんな思いでそんな会を催しているのか、大阪で活動を始めた梁井さんにお聞きしました。

田中

広報部

「多様な教育の博覧会 EDU★COLLE」のご紹介です。

田中

広報部

親の会はきっと悩める親御さんの中に救われる方がたくさん現れる場所なんだと思いますっていうお話です。

國久 麻美

帰ってきた飄々ガール/40期・2007年4月卒

かつては生徒として通っていた北星余市高校で、今は事務職員としてせっせと働く國久。ブログ『北星余市はいま!』を更新したり、受験検討の方にお応えしたり、頑張っている國久にPTAOBがインタビューしてくれました。

PAGE TOP