CATEGORY

コラム

國兼淳

思春期保健相談士・省エネ系ユースワーカー

これからの10年間「幸福であり続けられるよう努力する」とここに約束しよう。

星しんぶん

2021年3月発行発行

星しんぶん 第9号掲載のおすすめ本のご紹介です。

平野 純生

北星学園余市高等学校校長

「純生が行く!」第2回目の今回は「札幌市若者支援施設 Youth+」へお邪魔しました。

辻田 美穂子

写真家

記憶にある限り私が初めてついた嘘は、保育園の年長の時だと思う。「セーラームーンごっこ」で他の子となりたいキャラがかぶって…

平野 直己

北海道教育大学 教授、臨床心理士

ウソは、悲惨な現実から本当の自分を守ってくれるシェルターになることもあるのです。

星しんぶん 第8号

2020年12月発行

「うその本と音楽と映画」星しんぶん 第8号[2020年12月発行]

朝倉 侑輝

ネイル練習中の高校3年生

嘘は、自分自身に向けてつくものです。人間らしさの一部であり、成長し生きていくうえで絶対に欠かせないもの。

小西 陽祐

日本キリスト教団北海教区幹事

「エデンの園」を追放されたアダムとエバ、呪われる者となったカイン、だが人生をやり直す道が与えられた。

山口真央

オンライン家庭教師・カウンセラー&カメラマン

自分自身の不登校をきっかけに不登校や人の心のことを考える。

PAGE TOP