みんなで盛り上がる、学校行事 2018.12.5

修学旅行5日目

みんな楽しそうで何より☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんばんは。
12月に入っても全く雪が積もっていない余市町です。こんなことって珍しい!
昨日の夜は雨で寒かったですが、昼間は暖かかったです。本州でも20度越えのところがたくさんあったようで、一体どうなっているんでしょうね。北海道の冬は雪が降るからこそ、ザ・北海道という感じがするのに雪の降らない北海道はなんだか変な感じがします。でも、土曜日はマイナス8度ぐらいになるしく、、寒暖差についていけません!(笑)

さて、ちょっと時間が経ってしまいましたが先月2年生は沖縄に修学旅行に行きましたね。お忘れの方もいるかもしれませんが、まだ最終日の5日目の様子をお届けしていなかったのです。1ヶ月近く経ってしまいますが、しっかり最後までお届けしたい!ということで、今日は修学旅行最終日の様子をお届けします。


いよいよ修学旅行最終日。
昨日のレクが盛り上がり、その勢いでワイワイなるかと思いきや、夜は静かなものでした。そんな中、新聞班は最後まで新聞づくりをやり切りました。
47295534_781556938846877_2584659714700738560_n
皆が同じ飛行機で帰るのではない所が、北星余市らしい所。いちばん早い飛行機の生徒に合わせて出発は8時。
6時半の朝食には誰も遅れることなく元気に集合。名残惜しさをかみしめながら、浜比嘉を後にします。
47384256_776229476059241_6121827701163556864_n
高速を南に向かうと来る時よりも那覇までが短く感じたのも、すでに知った風景だからでしょう。那覇から最後の見学場所の首里城まで10分ほど。 左手に突如首里城の城壁が表れてきました。首里城の駐車場に入ると、この早い時間なのにもうバスで埋まっています。ということは無茶苦茶混んでいるということ。私が前に首里城に行った時とは様相が変わっていて、外国人のお客さんばかり。聞くところによると、豪華客船が停泊していて、そこから首里城に来るのがコースだとの事でした。
そして他の修学旅行の高校もうちと同じように、那覇空港の前に首里城に寄るのだとか。首里城はごった返していました。
47398332_317330098865482_1246306527552208896_n
そんな中、少しの隙間でクラス写真を撮ります。昔は写真屋さんに撮ってもらうと琉装の女性が一緒に入って守礼の門で集合写真でしたが、高い・混んでいる・スマホの性能が上がった・・・等々から自撮りです。
47381818_323472614907964_9052164323924770816_n 47427748_721993561489923_2470553613445890048_n
 ごった返す首里城の迷路のような順路をたどり、飛行機の時間もあるので定刻出発。修学旅行の目標の1つに、集団行動なので時間を守ろう!があり、ほぼ定刻か定刻前に出発することができたことは、とてもよかったです。
那覇空港で最後のお土産を購入し、各自お昼ご飯を食べて、それぞれの土地に向かっていきました。
私はA &Wのハンバーガーを国際通りで食べ損ねたので、空港でいただきました。太るわけだ!
47495106_301617293812808_1487472561880039424_n
空港も混んでいて、飛行機の渋滞が!定刻より1時間遅れで出発。おわびなのか上空から見事な桜島が見えたことをもちまして修学旅行記を終えたいと思います。
47226301_1392632310874100_5033873628517629952_n


5日間の修学旅行、お疲れ様でした☆
みんな時間を守って行動していたのに、まさか飛行機が1時間遅れるとは!!?大変でしたね。
それに首里城もすごい人ですね。これではゆっくり見ることもあまり出来なさそうだなぁ。
沖縄から帰ってきても、多くの生徒が「また行きたいー」「楽しかったー」と口にしていました。
この5日間の為に修学旅行実行委員は一からルールなどを決めるところから始め、それぞれの班に分かれて作業をしたりと、みんなが楽しく過ごせるように、いい修学旅行になるようにと力を合わせてやっていきましたね。実行委員のみんなも頑張りましたが、他の人もみんなで楽しく気持ちよく過ごしたいと、そこに対して協力する姿勢や一緒にやっていこうという頑張る気持ちがあったからこその修学旅行だったと思います。みんなお疲れ様でした!そして、多くの生徒が楽しく過ごすことが出来て本当に良かったです。数年後に思い出したら、きっといい思い出になっているだろうなぁ。いい思い出になっていてほしいなぁと思います。
そして、最後に。。以前、修学旅行4日目でお伝えした塚原先生のドローンですが、その映像を入手したので是非こちらから見てみてください。楽しそうな姿がよりリアルに、沖縄の海がより一層綺麗に壮大に感じることが出来ますよ。

PAGE TOP