みんなで盛り上がる、学校行事 2017.7.10

校内弁論大会〜自由の部っっ!

2017年度弁論大会、自由の部のご紹介です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

さ、続きまして、校内弁論大会の自由の部のご紹介です。

まずは、素敵な顔をして発表してくれた弁士のご紹介。

IMGP9784 IMGP9793 IMGP9808 IMGP9815 IMGP9836 IMGP9851 IMGP9864 IMGP9883 IMGP9889 IMGP9890 IMGP9928 IMGP9940

そして、自由の部で最優秀賞を受賞した大登さんです。

IMGP9904 

今回も本人に「原稿載せていい?」って聞いたら、快く「いいよー」って。ありがとー。
ということで、掲載。タイトルは「おまえが悪い」。

なんと、いったい、どんなことでしょ・・・


「お前が悪い。」

中一の時の担任はそう言った。クラスにとけ込めないのも、人間関係がうまくいかないのも、全部お前が悪いんだ。

その言葉に私は絶望した。二時間かけて泣きながら必死に話した。自分が超人見知りなこと。それに加えて同じ小学校から来ている子が少ないせいで、うまく友達が作れず孤立していたこと。

全校生徒約900人。一学年300人はいる大きな学校だった。そんな中、同じ小学校から来ている子は20人もいなかったのだ。

当時の私は今までの辛さを全部話した。だけど先生には何一つ伝わらなかった。

挙句の果てに、無理やり教室に連れて行こうともした。絶対に行きたくなかった私はとっさにこう言った。

「明日からちゃんと来ます。」

逃げるために言った言葉だったけど、先生は満足したらしく、すぐに帰らせてくれた。

あぁ、そうか。この人は生徒のことなんてちっとも考えてない。全部自分のためなんだ。そうわかった日から、私は不登校になった。

だけど不登校になったほうがストレスを感じた。

ストレスが及ぼす心身への影響は人それぞれだと思う。体調や精神面にでる人もいれば、私のように頭髪にでる人だっている。2年前からストレスで無意識に髪を抜いてしまうようになり、それが今じゃ、反対側の髪をもってきてギリギリ隠せるぐらい抜けている部分が大きくなってしまった。何度も、何度も治したい。そう思ったけど無理だった。できることは、なるべく髪に触らないようにすることだけ。こんな状態で治るのだろうかと、今この瞬間も不安しかない。今日はちゃんと隠せているだろうか?いつでもどこでも鏡があるわけではないので、毎日このような不安がつきまとっている。誰かに「それどうしたの?」と言われて、変な形でウワサになったりしたら…そんなことを考えてしまう。

IMGP9922

そんな問題がありながらも、今学校に来ているのはなぜなのか。それは将来が心配だから。中卒では将来に不安が残る。それなら高校まで行こう。そうすれば不安要素はなくなるんじゃないか。そう考えていた。

だけど、今考えると本当にそうなのかと疑問に思う。去年12月、電通の社員が投身自殺をした事件があった。東大卒業の若い女性だった。休日返上で作った資料をボロくそに言われ、毎日次の日が来るのが怖くて寝ていられない。などをSNSに書き綴っていたそうだ。私はこの事件で、ブラック企業の恐ろしさを知った。

じゃあ私は?私は将来どうなるのか。中学時代は不登校。今はちゃんと高校に行けているけど、二年後にちゃんと卒業している保証はない。仮に卒業して大学をでても、就職した先がブラックだったら…そんな悪い考えばっかり頭に浮かんでしまう。だから今の考えはこうだ。

今はどう頑張っても不安しかない。これからの将来を明るいものにするために、やり直すために来たこの学校での生活を精一杯頑張るのだ。

実際、私はこの学校に来て頑張れていると思う。入学してもう二ヶ月たつけど、まだ一度も遅刻・欠席がない。それだけじゃなく、テストが近くなったら対策勉強もする。いろんなことに挑戦してみる。中学のときからは考えられない、普通の学校生活が、今は日常になっている。そう考えるだけでとても嬉しくなる。

そんな学校生活だけど、全部が全部楽しいわけではない。

例えば人間関係。あい変わらず苦手だ。

嫌われるのが怖くて、いつも他人の顔色を伺ってばかり。それなのに正義感だけは人一倍強い。勇気を出して注意をしたらその人から嫌われた。中学でもそんなことがあって男の人は苦手。だからこの学校に来るのが本当は嫌だった。クラスの圧倒的男子率。女子の少なさ。

だけど私には、もうここしか行く道はなかった。

IMGP9912

この学校に来て後悔はしていません。むしろ来てよかったと思っています。楽しいこと、苦しいこと、嬉しい事や、悲しいこと。この先、本当に色々なことがあって、壁にぶつかると思います。もしかしたら学校を辞めたいと思うときもあるかもしれません。そんなときに頼れる仲間を見つけて、励まし合い、時には喧嘩し、上辺だけじゃない本当の友達を作ってこうと思います。


自分の受けてきたものを背負い、覚悟と決意を持って入学してきたんだね。辛いことも、苦しいこともあるけれど、正しく前を向いて頑張って欲しいなと。「弁論」としての評論というより、僕の思いですけど、笑 美しく、正しいものは、過酷なものを乗り越えて舞い降りて来るものだと僕は思います。残り2年9ヶ月。いろんなものを得て、ここを巣立っていって欲しいとほんとに思います。頑張っていこー。おー!

 

PAGE TOP