実生活について

生徒の声

2019.2.27

踏ん張ることの大切さ

【放送礼拝】1年間を振り返って 正垣 尊文2018年度1年生

夏休み前までは、地元に帰ってバイトしながら友達と遊んでいたいなーと思っていました。
それにいきなり知らないところに来て帰りたくて仕方ありませんでした。
それで北星は嫌な事しかないけど地元なら楽しいことしかないと思って、辞めたいと思っていて夏休み明けは帰ってこずバイトをしていたらそこでも嫌なことがあったり、体力的にもきつすぎて「やっぱり北星が楽だな」と思って戻ってきました。

それから少し経って振り返ってみるとどこに行っても嫌な事や大変な事があるから、どこかで踏ん張らないと、何かを始めた意味が無いなということに気づけた1年でした。

4月から2年生になるので下宿を盛り上げたり、後輩もできるので今年1年で学んだ事を活かして頑張りたいです。

PAGE TOP