Information

    HOME > Information

Information

北星学園余市高等学校 校長 平野 純生

春が徐々に近づいております。新入生生徒保護者の皆様におかれましては、期待と不安を抱えながら新生活に向けての準備を進めていることと思います。

そのような中、誠に恐縮ではございますが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大を受け、入学式を含めた新年度開始を5月上旬まで延期することに決定いたしましたのでご報告いたします。

 以下、関連事項について記載いたします。ご確認ください。

◯下記日程で入学式を執り行います。ご確認ください。
59日(土)入学式 登校時間10:00、開式10:30
・保護者のご列席について制限を設ける予定はございません。

◯合格通知とともにお送りしている提出文書について、「第一学年用購入表」を除き、柔道着発注申込FAX期限も含め提出期限に変更はありません。
・(注意)提出期限が入学式となっているものは、59日にご持参ください。
・「第一学年用購入表」に記載されている教科書の販売日は、57日より5月9日に変更いたします。

◯4月中の授業に替える課題を各ご家庭に別途郵送いたします。詳細は別途郵送されるものに記載いたします。ご確認ください。

◯寮下宿に関する事柄については、331日以降、直接、各寮下宿管理人とお打ち合わせください。

◯ご不明な点、ご質問につきましては下記までご連絡ください。

  0135-23-2165 教頭 妹尾 克利(せお かつとし)

 

また、下記リンク「保護者の皆様へ|学校再開の延期について」もご参照ください。在校生向け文書ですが、延期の理由となる本校の特殊事情の説明を含めた文面となっておりますので、合わせてご確認いただきますようお願いいたします。

保護者の皆様へ|学校再開の延期について

北星学園余市高等学校 校長 平野 純生

全国的に気温も上がり始め、徐々に桜の便りの届く季節になりました。

およそひと月前に北海道を中心とした新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月いっぱいの休校を決断させていただいた折にはご理解とご協力をいただきありがとうございました。

さて、本校では予定通り4月の再開を目指し、準備を進めてまいりましたが、この度は表記のように改めて学校の再開を5月上旬まで延期することを判断いたしました

現在北海道では感染者の拡大はやや抑えられている状況ではありますが、東京を中心とした関東圏、大阪・兵庫近辺では日々感染者の増加や感染爆発の危険について報道が続いている状況であります。このような状況下で学校を再開した場合に若く体力がある故に陽性でありながら無症状の生徒がいた場合、寮・下宿生活を通した集団感染の可能性を否定できません。また、もし発熱があってもすぐに検査を受けることができない状況下では感染拡大を防ぐ手段もありません。仮に管理人に感染した場合、代わりの管理人を配置することもできない中、生徒たちも感染が疑われるままの状態で無責任に自宅へ帰すことができません。以上のことから4月の再開は難しいとの結論に至りました。

ひと月延ばすことで状況が大きく変わることがないとの考え方や同じく寮を持つ学校が再開される場合もありますが、全国から複数の寮・下宿にて子ども達を預かっている本校の特性を鑑み、健康と安全に最大の配慮をさせていただいたことをご理解いただければ幸いです。

つきましては今後の日程等について以下のように変更させていただきます。

◯日程について
・新2・3年生(転編入生は除きます)   5月6日(水)〜8日(金) 学年末テスト
・新入生(転編入生を含みます)      5月9日(土)     入学式
 *以降の行事については、下記リンクにてご確認ください。
 (PTA総会・強歩遠足につきましては日程を変更しておりません)

2020年度年間行事予定表

◯授業について
・4月に予定していた授業については、各教科での課題にて対応させていただきます。詳細については、後日別途郵送させていただきます。

PAGE TOP