Information

    HOME > > <大阪>箕面市国際交流協会で写真展とトークショーを開催します。

Information

このエントリーをはてなブックマークに追加

箕面市国際交流協会主催で本校の写真展とトークショーを開催する運びとなりました。
国際と北星余市をつなぐキーワードは、多様性・多文化共生。
詳細は下記をご覧ください。ぜひ皆さん、お越しください。


<写真展>

開催:10月28日(日) 11月3日(土) 9:30 − 17:00
場所:箕面市立た文化交流センター comm cafe内(大阪府箕面市小野原西5丁目2-36)
主催:箕面市立た文化交流センター(指定管理者:公益財団法人箕面市国際交流協会)

<オープニングトークイベント>

日時:10月28日(日)13:30−16:00
場所:箕面市立多文化交流センター講座室
参加費:無料
13:30ー14:30 講演、DVD上演 北星学園余市高等学校 教員 田中亨
14:30ー16:00 パネルトーク、質疑応答
写真集「いまを、生きる」を制作した元在校生・山田恵理子さんの姉・淳子さん、実際に写真撮影をされたカメラマンの戸澤さん、卒業生保護者の梁井さん、卒業生の太田さんにご登壇いただきます。北星余市に通うことも達の成長を、多様な立場と多角的な視点からお話いただきます。

イベントチラシはこちら

osaka_A4flyer_final


10月28日から11月3日まで、北海道の北星学園余市高等学校写真展「いまを、生きる~子ども達の再生と希望のひかり」を開催いたします。

本写真展の舞台となる北星学園余市高等学校(以下、北星余市)は1980年代から30年以上にわたり、不登校や高校中退者、ひきこもり経験者を全国から積極的に受け入れてきました。 社会的マイノリティとして存在するそれらの困難は、自助努力を求められる中、根本的解決に至らず今日を迎えています。

そうした問題に対し、北星余市では個人の持つ背景を多様性として集団の中で受け止め、人としての成長を促す教育活動が展開されています。 “彼らの問題”として物事が片づけられがちですが、その“彼ら”とは“私たち社会”の写し鏡とも言えるのではないでしょうか。多様性は彼らの中でなく私たち個々人の中にもあるものです。

存続問題に揺れる北星余市の取り組みから多文化共生の視点、地域における多様な場の持つことの重要性について、あるいは私たちを取り巻く社会状況について、参加者と一緒に考える写真展を開催します。

初日となる10月28日(日)には、オープニングイベントとして、北星余市の卒業生、教員、写真家等を招いて、講演会&パネルトークを行います。

この写真展は、東京・新宿での開催に続く第2弾で、関西では初の開催となります。

Facebook:MAFGA イベントページより

PAGE TOP